« 魔の… | トップページ | マリーアントワネット »

2006年12月22日 (金)

手紙【映画版】

先日、本を読んだ記事を書きました。

映画も見たい・・・そう思った時には、既につくばでの上映終了

でも、どうしても見たい・・・

ということで、延長上映されている銀座シネパトスへ観にいって来た★

久々の映画!

2_15出演:

山田孝之

玉山鉄二

沼尻エリカ

(敬称略)

すごく良かったです。見る価値アリです。

ネットで評判を見ると

原作を読んで行った人は物足りなさを感じる・・・

というのもあった。

しかし実際は、自分は本以上の感動があった。

確かに、原作に忠実でない部分もあったり、

設定の違いも多くあった。

けれど、映画版として完成させるには、これがベストなんじゃないかと思う。

全部忠実に映像化したら2時間では成り立たないもんね。笑

僕は本では結末が、もうちょっと欲しかったんだ。

え???ここで終わり??みたいな。

東野圭吾の本自体がどの作品もそういう感じらしいけど。

だから映画版は良かった。涙ボロボロだよ・・・

フィクションであっても、実際にありえる話。

自分の周りにこの状況に置かれている人が居たら、

自分がこの立場になったら。難しいです。

社会からの目、自分の心情とのギャップが生じた時、

どこまで自分が行動に移すことができるか、

どういう行動をとるのか。分からない。

今は答えでないけど、逃げずに生きられる選択を出来たらいいな。と思う。

前の本の感想と同じだけど、

「手紙」を書くこと。これは大事だよね。

書かないよりはメールの方がいい。

でもメールよりは手紙の方が、嬉しいと思う。

葉書でもいいけど、形として残るものを意識したいな。

白夜行にも主演した山田孝之。東野圭吾に気に入られてる?

彼も素晴らしいのだが、

玉山鉄二がかなり好演だと思う。

正直、この役によって感動できるか否かが決まる。

まだ犯罪を犯す前の兄貴役もうまいし、

一番は泣くシーン。

ありゃ、やられた・・・

本を読んでイメージしていたのと同じ、いやそれ以上。

沼尻エリカ

内定先の同期で以上に彼女を好き好きと、騒いでいる奴がいたけど、

確かにかわいかった。笑

驚くのは髪形と化粧であんなにも印象って変わるんだな・・・ってこと。

山田孝之の漫才コンビの相手役が居るんだけど、

彼の演技も良かったな~。でも名前が分かりません!笑

最近の邦画はいいね。

手紙 公式HP

http://www.tegami-movie.jp/

|

« 魔の… | トップページ | マリーアントワネット »

コメント

私も見たかったけど、
つくばの見逃しちゃった><
『ただ君を愛している』とか
『硫黄島』とか感動系を見るのが多いこの頃。
そういう時期なのかな(笑)

投稿: mai | 2006年12月22日 (金) 14時44分

そうなのかもね。笑

俺は現実逃避したくて、
研究とは全く関係ない本を読みたくなって、
この本を買ったんだ(^^;;;)
みんな同じ感じなのかな?笑

俺も硫黄島みたい★

投稿: gashigashi | 2006年12月22日 (金) 15時20分

涙ボロボロか、これは見ないといかんね!!
gashigashiさんの日記につられて、
原作本買っちゃいましたw

投稿: おっくん | 2006年12月22日 (金) 15時26分

原作本買ったんだ~!!
買わせちゃった?笑

泣いたよー。
みんな泣いてたー。
三丁目の夕日とはまた違った涙だね、これは。
オススメです★

投稿: gashigashi | 2006年12月22日 (金) 16時08分

で、誰と行ったの??笑

↑↑↑
しつこいって??

投稿: momo | 2006年12月22日 (金) 17時15分

仕事の先輩なり~★★

投稿: gashigashi | 2006年12月22日 (金) 17時47分

ここ何年も邦画から遠ざかっている
今日この頃の私。
最近は洋画より邦画だそうですね。
 
この映画に関しては、とあるNEWSで
特集を見る機会がありました。
この映画を全国で上映する前に、
実際に刑務所にいる方々に試写会として
見せたのだそうです。
 
「涙なしでは見られない。」
受刑者たちがそれぞれに自分に置き換えて
映画を観たのだそうで、彼らは口を揃えて
涙を交えながらこう言っていました。
 
この言葉を聞いて、更生しようと真面目に
努力している受刑者たちの真の姿を
垣間見たような気がしました。
 
ひがしくんが感じていたように、何となく
差別的な目で彼らを見てしまいがちに
なるのですよね。
 
邦画か・・・。
「たそがれ清兵衛」の真田広之さんの演技は
とても素晴らしかったなぁ。
私の記憶ではこれだけかも。
 

投稿: まき | 2006年12月22日 (金) 22時44分

ヒガシ君、つまんなぁ~い!!

投稿: momo | 2006年12月23日 (土) 00時10分

>まきさん
実際に刑務所で上映したのですか??
より感動が増しそうです。

たそがれ清兵衛ですか。
昨日、テレビでやってましたね~。

差別は難しい問題です。

>momoさん
じゃぁ、愛人ってことで…(笑)

投稿: gashigashi | 2006年12月23日 (土) 22時41分

ヒガシは原作読んでたから「ダメだった!!」って言うかと思ったけど、そんなことなかったんだな。

やった!!なかなかオレに同意してくれる人いないけど、分かってくれる仲間ができた☆
沢尻エリカは健気な役で男心をくすぐられた(笑)
田舎にいた頃の役の方がオレの好みです。

玉鉄の演技いいよな~。最後のシーンは玉鉄にやられたようなもんです!!

しかし、誰と行ったのかオレも気になる。。。

投稿: ふじさわじりエリカ | 2006年12月24日 (日) 01時50分

めっちゃ良かった!
バンドが漫才になってるとかも含め、
原作との違いを聞いていたから良かったのかもね!

沼尻エリカは俺も前半が好みです★

玉山鉄二凄いよな~
役者魂を感じた♪

投稿: gashigashi | 2006年12月24日 (日) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手紙【映画版】:

» 手紙 [映画鑑賞メモ]
人を殺した兄と、その弟の話です。 予告編をみたときに、これは美しい兄弟愛を描いた [続きを読む]

受信: 2006年12月25日 (月) 21時41分

« 魔の… | トップページ | マリーアントワネット »