« 第二のお母さん | トップページ | &Kitchen »

2007年1月12日 (金)

フラガール

邦画を舐めてはいけません!笑

評判が良いので、行ってきました。映画『フラガール』。

実家に帰る途中にある映画館でまだ公開されていました。

感動です。終わった後、普段であれば、

エンドロールが終わるまで見続けるんだけど、

明るくなったら真っ赤な目が見られるとヤバイので、

さっさと出ました。

久々に一人映画!個人的に嫌ではありません。(作品によるけど^^;;;)

涙の量:『フラガール』>『手紙』だったかも。

手紙は最後に号泣な作品。

フラガールは所々感動な場所があるのです。

驚くのが実話ということ。

あのスパリゾート・ハワイアンズができるまでのお話。

何か皆で1つのことを成し遂げる

そんな体験をしたことがある人であれば、感動できるでしょう。

自分は中学の部活を思い出した。

松雪さん素敵だ。松雪さんもだけど、蒼井優さん、ダンスもイイね。

驚くのが、静ちゃんがかなり踊っていること。

最後の皆で踊るダンスシーンは迫力あるし、練習したのが分かり圧倒されます。

そして、もう1つの魅力は方言!!笑

このハワイアンズのある場所まで、実家から車で1時間もかかりません。

東京の方が遠いです。

ということは・・・訛りが同じ

さすがに、『・・・だべさ』は言わないけど、

『・・・だっぺ??』とかイントネーションの最後が上がるのは

自分もたまに出てしまいます。(かなりいつもは気をつけています^^;;;)

他の出演者は方言に少し違和感があったけど、

蒼井さんは、原住民(自分達)と同じ感じでした。笑

いきない上映開始直後から、その訛りの会話なので、

会場内笑いが出ておりました。

小さい頃、ハワイアンズ行ったことあります。

添乗の仕事でも行きました。

でも、今までショーは見たことがなかった。

是非、また行って見てみたいな。

最近ハワイアンズの来場者が、映画の影響で増加しているらしい。

その気持ちわかる!!

また1作品良い映画に出会いました。もう1回見てもいいな。

まだ一部の映画館でやっているみたいなので、是非是非!!オススメ!!

1_5初めて行った

TOHOシネマズひたちなか

建物の一角にあるシネコンは

よく行くけど

このような1つでドカンと建っているのは初めてだった。

このひたちなかの劇場は

昔の作品やロングラン作品も多くやるのでいいみたいだね。

フラガール

http://www.hula-girl.jp/index2.html

|

« 第二のお母さん | トップページ | &Kitchen »

コメント

『フラガール』>『手紙』は間違いない!オレもここ最近の邦画でナンバー1だったよ!!

投稿: よこあつ | 2007年1月12日 (金) 18時09分

見たんだ~♪

手紙は手紙で良さがあるんだけど
フラガールは
ハッピーエンドだから
気持ちがいいね★

炭鉱の時代背景もえがかれていたり
涙もあって、
素晴らしい作品だよね!

投稿: higashi | 2007年1月12日 (金) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フラガール:

» 映画「フラガール」感想 [日々是雑感ブログ]
 「フラガール」(李相日監督)を見て来ました。常磐ハワイアンセンターの設立時の苦労話を、フラダンスを踊る娘たちの視点で描いた物語。  感想を語るにあたっては少しネタバレしています。これから見に行く人の妨げにはならないと思いますが、念のため。... [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 19時22分

» 沖縄 [沖縄観光データバンク]
沖縄(おきなわ)は、日本の地名。日本の南西端に位置する地方で、行政的には沖縄県とい言います。沖縄諸島の他、宮古島・石垣島・西表島(いりおもてじま)など多くの島を含んでいます [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 01時05分

» 「フラガール」見ました。 [ランチママの徒然日記]
よかった~!感動しました。(┯_┯) ウルルルルル友達と今年見た邦画の中で、一番良かったよねぇ~と言っていました。もっと笑いが多いのかと思ったら、中盤からは涙・涙・・・・・(T_T)感動ーする映画です。“おすぎ”が「いい!」と言っていたのがよく分かりましたよ。実話を元にした話なんですよねぇ。松雪泰子の演じる「平山まどか」というフラダンスの先生は本当にいるんだよねぇ。(^^)主人公の蒼井優や松雪泰... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 08時18分

« 第二のお母さん | トップページ | &Kitchen »