« 下あご | トップページ | ニセコ »

2009年9月 5日 (土)

余命1ヵ月の花嫁

8月の後半、両親のいるドイツへ旅行に行きました。

その旅行記は後ほどするとして、

機内で見た映画を、紹介。

余命1ヵ月の花嫁』を見ました。

実話を元にしたストーリーですので、

周りに人が居る中で見るべきか?迷いましたが、見ました。

20代で癌を宣告されたとしたら、

自分はどういう行動をとるのか、そして精神状態になるのか。

もし愛する人が居たら、どのように告げるのか。

逆の立場で、

愛する人から癌を宣告されたら、

目の前に余命を告げられた人がいたら。 

この話は恋人に限らず、両親、祖父母、親戚など、

どの関係にもあることで、命の尊さを実感しました。

瑛太役の彼の人間の出来た行動に感動しました。

彼女に対する姿、彼女の家族や友達に対する姿、

病室に寝泊りする姿、自分の両親に対する姿、

自分が同じ状況に立たされた時、

損得を考えず、彼女に尽くせるのか?

今の自分はそこまで出来ていないと思う。

男として、こういう人になりたい。そう思いました。

うまく書けませんが・・・

現実逃避なのか、一瞬、見るのを避けそうな部分もある映画な気がしますが、

あえて見るべきだと思います。

|

« 下あご | トップページ | ニセコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余命1ヵ月の花嫁:

« 下あご | トップページ | ニセコ »