2011年2月 6日 (日)

ソーシャル・ネットワーク

映画「ソーシャル・ネットワーク」を観に行きました。

Facebookを創った人のお話。

ハーバード大学在学中に製作。

アイディアの盗用と疑われ、

共同制作者の友人との亀裂も入り、

成功後、2つの訴訟を抱える。

それらの訴訟の聴取の場面を

過去の再現と共に、ストーリーは進んでいきます。

これは、天才の話です。

人は大きくなるには、その時々の人間関係を

ステップアップの為に使うことになるのでしょうか。

最終的には

お金以外残らず、何だかちょっぴり寂しい感じがしました。

金はそこまでいらないから、

友達が欲しいな。なーんて。

全てが実話という訳ではないようですが。

スピード感のある映画で、

あっという間に終わる感じですので、

サラっと見られます。

それにしてもここ数年の話なのに、

もう映画化なんて、凄いですね。

機会がありましたら、是非♪

ソーシャルネットワーク

http://www.socialnetwork-movie.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

カールじいさんの空飛ぶ家

評判が良いので、

カールじいさんの空飛ぶ家という映画を観に行ってきました。

映画は久々だなー。

しかも、アニメ。いつぶりだろうか。

主役はじいさんなんだけど、

冒頭10分で、じいさんの生まれてから、今までの生涯を一気に紹介。

それだけでも、よい物語だ。

しかも、感動。

本編は亡き愛する妻との思い出から、旅に出る話。

子供には刺激的ではないか?という

リアルな場面あり、ハラハラな場面ありだが、

さすが、ディズニー。子供から大人まで楽しめる素敵な映画です。

物語の凄さもあったが、

それより、映像に感動した。

アニメーションだけでなく、

実写?のようなものも取り入れていて、(そう見えただけ?)

かなり鮮明な映像で迫力があった。

何かを忘れそうになった時、見たい作品かな?

カールじいさんの空飛ぶ家 公式HP

http://www.disney.co.jp/movies/carl-gsan/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

余命1ヵ月の花嫁

8月の後半、両親のいるドイツへ旅行に行きました。

その旅行記は後ほどするとして、

機内で見た映画を、紹介。

余命1ヵ月の花嫁』を見ました。

実話を元にしたストーリーですので、

周りに人が居る中で見るべきか?迷いましたが、見ました。

20代で癌を宣告されたとしたら、

自分はどういう行動をとるのか、そして精神状態になるのか。

もし愛する人が居たら、どのように告げるのか。

逆の立場で、

愛する人から癌を宣告されたら、

目の前に余命を告げられた人がいたら。 

この話は恋人に限らず、両親、祖父母、親戚など、

どの関係にもあることで、命の尊さを実感しました。

瑛太役の彼の人間の出来た行動に感動しました。

彼女に対する姿、彼女の家族や友達に対する姿、

病室に寝泊りする姿、自分の両親に対する姿、

自分が同じ状況に立たされた時、

損得を考えず、彼女に尽くせるのか?

今の自分はそこまで出来ていないと思う。

男として、こういう人になりたい。そう思いました。

うまく書けませんが・・・

現実逃避なのか、一瞬、見るのを避けそうな部分もある映画な気がしますが、

あえて見るべきだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

MAMMA MIA!映画版

舞台はご無沙汰ですが、映画を観に行ってきました★

MAMMA MIA !

この作品はやはりいいですね♪

とにかくハッピーになれます!

しかし、舞台版を観ていない人は、どう思うのでしょうか?

かなり舞台を忠実に再現した映画版になっていて、

突っ込みどころ満載です。笑

舞台と映画、両方見て楽しさ倍増!という所でしょうか。

曲は少し舞台と演出が違うところがありました。

舞台の場面と違う曲を歌っていたのが1つと、

全く知らない曲が1曲です。

まだ観られていない方、チェックしてみてください。

ミュージカル映画を観るといつも思うのですが、

舞台俳優でない方が、歌うって凄いことですよね。

それも意外にうまかったりします。

近々、マンマ・ミーアを劇場に観に行ってしまいそうです。笑

マンマ・ミーア!映画版HP

http://www.mamma-mia-movie.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月31日 (土)

アフタースクール・再上映

9月にみて、とても面白かった

アフタースクール』という映画が、

もうDVD化しているというにもかかわらず、

一部の映画館で、再上映しているということで、

観にいってきた★

何箇所かでやっていますが、目黒にいきました。

最近はシネコンが主流ですが、

昔ながらの映画館もたまにはいいですね!

あまり人もいないだろう・・・と思っていましたが、

結構、混んでいました。

前回、終盤の急展開のストーリーに

一部理解できなかった所もありましたが、

2度みることで、かなり理解できました。

一緒にいった友人は初めてだったのですが、

かなり理解していて感動しました。汗

ハッピーエンドですし、邦画で出演者も豪華です。

見る価値のある作品ですよ♪

堺雅人さんって舞台でも一度拝見しましたが、上手ですよねー

映画『アフター・スクール』

http://www.after-school.jp/index.html

目黒シネマ

http://www.okura-movie.co.jp/meguro_cinema/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月20日 (月)

旭山動物園物語【東京国際映画祭】

東京国際映画祭へ。

旭山動物園物語ペンギンが空を飛ぶ~』という作品を見てきました。

Film今や、

大人気の日本最北端の動物園。

入場者数も上野動物園を抜き、

日本一のようです。

昔、自分も添乗員時代に2回行ったことがあります。

動物が動き回るような仕掛けが沢山あり、

あまり寝転がっている動物が居ません。

一番のオススメは冬季限定のペンギンの散歩

あんなに近くでペンギンを見たことがありません。

本当に展示エリアを飛び出し、お客様の前の雪道を歩きます。

集団で行動する習性があるらしく、

ルートから外れるペンギンはいません。

散歩はペンギンの自主性に任せているので、

日によって外に出てくる数は違いますが、結構、出てきます。笑

ペンギンも楽しみなのでしょうね♪

少し脱線しましたが、本題へ。

そんな大成功の動物園ですが、過去には存続の危機に

何度も直面しています。

人々の動物園離れや、感染病の流行などがありました。

その逆風を乗り越え、今現在に至るまでのお話です。

この東京国際映画祭には出演者の舞台挨拶があるということで、

六本木ヒルズの東宝シネマへ行ってきました。

初めてこのような舞台挨拶のある映画を観に来たので

ちょっと緊張しましたが、俳優さんを見られたことはもちろん、

来年2月公開の映画を前もってみられたのは、かなりラッキーでした。

西田敏行さんの園長役はハマってますね。

シリアスな演技の中でも時折見せる、コメディタッチの演出が良いです。

商工部長役の笹野高史さんとのコンビはさすがです。

今回、見に行った目的は動物園の事務員役の堀内敬子さんの出演ですが、

昨年の三谷幸喜さんの舞台でもすばらしかったですが、

方言をバリバリ話します。

どれだけ練習されているのでしょうか?

笑いあり、涙ありのこの映画。

そして、忘れかけていた何かを思い出せた気もします。

心が清らかになった気分です。

この映画を観て、また旭山動物園に行きたくなりました。

また違った観点からこの動物園の魅力を見つけられそうです。

旭山動物園物語

http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/asahiyamazoo/index.shtml

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

アフタースクール

これは、面白い!

感動的な邦画は最近多いですが、

こんなにもスカッと、そして深い映画は久しぶりでした。

1度見ただけでは、理解しきれないことも多く、

2度、3度と見たくなる映画です。

アフタースクール』という映画を見に行きました。

会社の先輩が面白いというので、一緒に行きました。

何の下調べもせず見ました。

7割りくらい見た時点で、話が急展開?!

想像していたストーリーのイメージを覆されました。笑

後から思えば、そうとも受け取れる!!というような趣向が多々あり、

非常に面白かったです。

出演者を見ても分かるように、

コメディタッチの映画でもあり、あっという間の上映でした。

もう上映されている映画館は少ないようですが、

オススメの作品です。

ストーリーなど、ここに書きたいのですが、

書いてしまったらネタバレしますし、

うまく文字に表せないと思うので、ぜひ、見てください。

もう1度行きたいぁ。

アフタースクール

http://www.after-school.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

クライマーズ・ハイ

クライマーズ・ハイ』という映画を観に。

以前NHKで放映されたドラマは後半しか見られませんでした。

その時は、いまいちストーリーがわかりませんでしたが、

映画化されるということで、見に行って来ました。

テレビ版では佐藤浩市さんでしたが、映画は堤真一さんです。

堤さんは映画向きなのでしょうか?多くの作品でお見かけします。

渋いキャラもコメディタッチな三枚目のキャラも上手に演じ分けますね。

ちなみに今回は前者の役でした。

航空機事故にまつわる新聞記者のお話ですが、

家族、男同士、親子の関係、同僚、上司との関係、

様々な人間関係が混ざっていて、

非常に多くの題材を盛り込んでいるように見えますが、

原作がシッカリしているのでしょうか、飽きることもなく話が進んでいきます。

仕事においても、オフにおいても、

大きな決断を迫られたとき、自分が正しい決断を下せるのか?

結果的に満足できる判断ができる男になりたいです。

とても深い内容ですので、感想をうまく文字で表せませんが

とても考えさせられる部分があります。

もう1度見たら、もっとそれぞれの人物の心情を理解できるのでは?

そんな、気がします。

原作本も買ったので、読んでみようと思います。

クライマーズハイHP

http://climbershigh.gyao.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

オーシャンズ13

ちょっと前ですが、

オーシャンズ13先行上映へ。

前からあっさりスッキリ映画だけど、

前作に比べ、さらにあっさりになった感じ。

前は、凄くトリックの場面とか詳しくやっていたけど、

今回は騙されている側ばかりが映っていて、

気付いたら、既にミッションを終えて、上映終了。

豪華キャストだし、スカッとする映画で面白いんだけど、

続く以上、もっとちゃんと作って欲しいな~

オーシャンズ13 公式HP

http://wwws.warnerbros.co.jp/oceans13/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

かもめ食堂

かもめ食堂という映画を見た。

予告編は見たことがあった。

本編を録画したものがあったので、見てみることに。

和を素敵に表現した、

ほのぼの映画だね。

舞台はフィンランド。行ってみたい。

日本人にも見てもらいたいけど、

どちらかといえば、外国人に日本の良さをアピールする為に見てもらいたいな。

このキャスト。

まじめに演技している感じが笑いを誘い、

コメディタッチです★

かもめ食堂HP

http://www.kamome-movie.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

グルメ | 仕事 | 学問 | | 日記 | 映画 | | 舞台